Introduction

Looking through the viewfinder often makes me feel like I am looking at a scene from a movie. There are many scenarios I created inspired by the printed photographs. A story with a scene and a photo. The collection of the stories by many persons from many places certainly exists as “Found stories from a movie that doesn’t exist”.

Seiichi Hishikawa  Filmmaker/Photographer


 

「存在しない映画、存在した光景」

カメラのファインダーを覗いて写真を撮ろうとするとき、まるで映画のワンシーンを見ているかのような錯覚に陥る。その写真を現像し、プリントを眺めながらその「存在しないはずの映画」のストーリーを想像し、シナリオを書きためる。一枚の写真とワンシーンだけのシナリオ。いつしかそれはたくさんの場所にあるたくたんのひとたちによる「存在しない映画、存在しない光景」として確かに存在する。

映像作家・写真家  菱川勢一