“Vincent’s Wednesday” 2009 Scotland

Vincent's Wednesday

“Your song got no soul.”

Throwing the cigarette on the ground and stepping on it, she spats at him. The hand gathering the coin stops; the musician looks up at the woman.

He clicks his tongue to show anger, but he can’t find the right words for retort.

“Why do you only sing on Wednesdays. I know. You only come here on Wednesday,”
She says without meeting his stare.

He observes her arm from behind the sunglasses. She sports a big bruise on her wrist. He takes up his guitar to start playing again. The woman looks shy suddenly. She lights up a new cigarette.

“Shit, you look exactly like my dead man.”

 


「ヴィンセントの水曜日」 2009年スコットランド

 

「あんたの歌にはなにも感じない」

女がくわえた煙草を足でもみけし、少し苛立ちながら言った。
ギターケースに入った小銭を集める手を止めて、女を見上げる男。

チッ
舌打ちをしてみたものの、男は言い返す言葉が見つからない。

「どうして水曜日だけ歌うのさ。知ってんだよ、水曜にしかここにこないのをさ」
女は通りをキョロキョロしながら言う。

男はサングラス越しに女の腕を見ている。手首に大きな傷跡があった。
この女が誰なのかわからないまま、またギターを持ち直して歌おうとした。
女は少しはにかんで、また煙草に火をつけた。

「まったく、死んだ男にそっくりさ」