The unknown future

“The Unknown Future” 2003 France

The Unknown Future

A man – the Father – leads three ponies. Each pony carries his son.
The smallest pony pulls a small buggy. A boy rides the buggy.

“George, what are you going to be when you grow up?”

the oldest brother riding the pony asks the brother next to him.

“Me, I want to be a chef. A three-star chef.”
“You can’t be a chef, you can’t even catch a fish.”

Two brothers begin to quarrel.

“I’m okay with dead fish, we only use dead fish for cooking!”
“That’s disgusting! You’re going to cook dead fish?”
“Isn’t it right, we only cook dead fish?”

Laughing, the oldest brother says,

“You’re right. It’s cruel to cook a live fish…”

The youngest brother whispers, his voice erased by his two older brothers conversing,
and with the wheels of the buggy.

“I… I want to be a doctor. I want to make my sister better. “

The father hears the whisper.
The father does not say anything; he is happy by the tight bond of his family,
and keeps walking.

 


「アンノウン・フューチャー」 2003年フランス

 

三頭のポニーが父に引かれて歩いている。それぞれのポニーには兄弟が乗っている。
そのうちの一頭に小さな馬車が引かれている。馬車には少年が乗っている。

「ジョルジュ。お前は大きくなったら何になるんだい?」
ポニーに股がって一番上の兄が隣にいる弟に話しかける。

「僕はね、シェフだよ。三ツ星の」「お前に料理なんか無理さ、魚がつかめないじゃないか」
二人の兄弟がとたんに口喧嘩をはじめる。

「死んでる魚は大丈夫さ、料理に使うのは死んだ魚だから大丈夫さ」
「うえええ、死んだ魚を料理するのかい? 気持ちわりいな」
「だっとそうだろ? ねえお兄さん、料理する魚は死んでるでしょう?」

笑いながら兄は答える。
「たしかにそのとおりだな。生きたままフライにするのは残酷だ。」

楽しそうな兄弟の会話と、馬車の音にかきけされた小さな声で馬車の中で少年がつぶやく。

「僕は。お医者さんになって、お姉さんの病気を直したい」

小さな声は父には届いていた。
父は何も言わず、家族の絆をかみしめるように、歩き続けている。