The rye field and the sky

“The Rye Field And The Sky” 2009 Scotland

The Rye Field And The Sky

“Where’s mama coming from?”

The boy jumps around, crisscrossing the sidewalk, restlessly looking around for something.

The man leans against the fence and stares at the southern exit of th station. He does not seem to be looking for someone, but is staring intently at one place. He knows that no one will come, no matter how long he waits, but he does not want the boy to know this. He forces a smile and pretends that she is coming from the southern exit.

“In the letter, it said that she’s coming at four o’clock. It’s already past four!”

The boy looks at the clock tower again and again.

“Oh, there she is! Oh… that’s not Mama. She wouldn’t wear something like that – looks like a big walking carrot!”

He can’t help but to laugh at the boy’s comment.

“A walking carrot… that’s nice. We’ll need a big pot to make a soup out of that.”

 


「ライ麦と空」 2009年 スコットランド

 

「ママはどっちからくるの?」

人ごみの向こうに目を凝らしながら、ぴょんと跳ねたり、歩道をいったりきたりして
落ち着かない様子の少年。

歩道の柵に手をかけて、駅の南のほうを見つめる男。探す様子もなく、一点をじっと見つめている。待っていても誰も来ない事を知っている。けれど、そのそぶりを少年にさとられまいと作り笑いをして、南の方向から来るかのように振る舞っている。

「手紙には4時に着くって書いてあったよ。もうとっくに4時を過ぎてるよ」

遠くにある時計塔を何度も何度も見る少年。

「あっ! 来た!  違った、ママじゃなかった。ママはあんな洋服は着ないね。
あれじゃ、まるでニンジンみたいだ。」

思わず笑ってしまう男。

「ニンジン人間か。そりゃあいいな。スープを作るには大きな窯がいるな。」