Scratch noise

“Scratch Noise” 2011 Italy

Scratch Noise

“You’ve fucked her, haven’t you?”
“You mean, that woman? Oh jesus, don’t even start…”
“Don’t even start!? Why would that woman come to tell me all about it?”
“Is she good in bed?”
“Hey, hey, like I said, I didn’t fuck her.”
“You know what I heard? Why she’s here?”
“Why?”
“Heard she’s running away. Something happened back in America.”
“What, what?”
“Heard she killed someone.”
“What? Why?”
“I don’t know the details. Have you seen the tattoo on her arm?”
“Where?”
“Inside of her right arm. A name.”
“Whose?”
“How should I know?”
“How’s that related to the killing?”
“I know this guy who looked up the tattoo name on the internet. After that, he just shut up.”
“What?”
“What’s the name on the arm?
“Don’t know. Why don’t you ask her? Maybe better we don’t know.”
“I want to know.”
“Me too.”

 


「スクラッチ・ノイズ」 2011年イタリア

 

「あんたが先に手を出したんでしょ」
「手を出したってあの女にか。勘弁してくれよ」
「勘弁して欲しいのはこっちのほうよ。じゃあ、どうしてあの女がわざわざ言いにくるのさ」
「ところであの女はセックスは上手いのか?」
「おいおい、だから手を出してねえよ」
「ねえねえ、知ってる? あの女がどうしてこの街に来たか」
「え?」
「逃げてるらしいわよ。アメリカで何かあったらしい」
「何かって何?」
「人を殺したことがあるらしい」
「え! なぜ?」
「詳しいことは知らないわよ。あの女の腕のタトゥー見たことある?」
「え、どこにあるの?」
「右腕の内側にあるの。名前が彫ってあるわ」
「だれの?」
「知らないわよ」
「それと殺しとどう関係があるのよ」
「その名前をネットで検索したヤツがいてさ。それきり話さなくなったの」
「え?」
「名前、なんて彫ってあるの?」
「知らない。知りたければ本人に聞けば」
「でも、知らないほうがいいかもしれない」
「俺は知りたい」
「俺も」