Romantic gunshot

“Romantic Gunshot” 2009 Scotland

Romantic Gunshot

“Look at him,”

A man points at a man in suite walking on the other side of the street.

He suddenly throws the beer bottle at the man.
It crashes and breaks into smithereen on the street. The suited man looks in surprise and glances this way, but pretending he does not see it, he keeps walking away.

“Bastard!”

The man yells. The suited man, as soon as he heard it, runs away.

He clicks his tonge in disgust, and yells out to his friends,

“Shit, let’s go to a pub.”

“Thanks to guys like him working and paying taxes, we can keep going….”
“Yeah, that’s right, that’s right. He better keep working hard.”

The man grabs the beer a woman has been drinking, and drinks it down in one gulp.

“I sure ain’t planning to stay in this shit life of mine.”


「ロマンティックガンショット」2009年 スコットランド

「あいつ見ろよ」

男が通りの向こう側にいるスーツを着た男のほうを指している。

すると突然持っていたビール瓶を男の方へ投げた。

ガシャン! と道路のうえで破裂するように割れた。スーツ男は一瞬おどろいて、

こちらを見たが気にしていないようなそぶりを見せて、背中を向けて歩きはじめた。

「クソやろう! 」

男が怒鳴る。それを聞くと、スーツ男は走っていってしまった。

チッ
舌打ちをしている男に仲間が声をかける。

「つまんねえな。バーでもいこうよ」
「ああいうやつが働いて税金おさめてくれるおかげで俺たち生きていけるんだぜ。」
「ははは。そいつあいいや。その通りだな。がんばって働いてもらわねえとな」

女が飲んでいたビールを男が取り上げて一気に飲み干した。

「おれは、このまま、クソ人生を続けるつもりはねえよ」