Letters

“Letters” 2000 France

Letters

Mon Cher Paul,

The beautiful season of autumn has arrived to Paris. As Jacques Dutronc writes in Il est 5 heures, Paris s’eveille, I’ve been waking up at 5am every morning to go to the foot of the Eiffel Tower and breathe deeply. Last week, my friend Chloe and I traveled south to stay at Aix-en-Provence. Cezanne’s atelier is still there – you should have seen the soft light lightening the studio all day long from the big northern window. And, far away, Le Mont Sainte-Victoire. I could almost see Cezanne taking a walk in the garden. At the fountain in the city center, so many children were running around, and the quartet was playing, and everyone was smiling and laughing in the cafe. It reminded me of the past. This is what Paris used to be. Chloe and I forgot all about the time and talked and talked. I found a wonderful postcard, so I’m enclosing it with this letter. Have you settled in Belgium? Are you getting along with your dorm mates? Don’t drink too much Coke – just because your papa was very fond of it doesn’t mean you should take after him. You know you can return to Paris whenever you want. Your room is exactly the way you left it.

Your maman, Elise

 


「1000通の手紙」 2000年フランス

 

愛するポールへ

パリには美しい秋の季節がやってきました。
ジャック・デュトロンが「それは5時、パリが目醒める」と書いているように、毎朝5時に起きてはまだ暗いエッフェルの足元へ行き、深呼吸するのが日課になりました。先週はお友達のクロエと一緒にエクス=アン・プロヴァンスへ行きました。そこにはセザンヌのアトリエが今でも残っていて、北向きの大きな窓からは一日中優しい光が差し込んでいます。遠くにはサント=ヴィクトワール山がみえて、なんだかセザンヌがまだお庭を散歩しているのではないかという気持ちになりました。その街の旧市街にある噴水広場にはたくさんの子供たちが走り回り、カルテットが演奏し、カフェではみんなが笑っていました。ちょっぴり昔を思い出しました。パリではすっかり見れなくなった朗らかな風景に、何時間も時間を忘れてクロエとおしゃべりをしてしまいました。とっても素敵な絵の絵はがきを見つけたので同封しておきます。ベルギーの街は慣れましたか? 寮の仲間とは仲良くやっていますか? パパが好きだったからといってあまりコーラを飲み過ぎないでね。いつでもパリへ帰ってきていいですよ。部屋はそのままにしてありますからね。

あなたのママ エリーゼより