Juliet's life

“Juliet’s life” 2003 France

Juliet's Life

A cloudy Paris morning, threatening to rain any moment.
A woman keeps walking through the red light, disregarding the traffic.
She is carrying a brown envelope full of papers in her hand.
The other hand is hidden in the coat pocket.
She walks. She keeps walking, muttering something to herself.

“How long am I continuing this? How long more?”

She stops at the light on the boulevard.
A boy and his father on the way to work also stand there, waiting for the light to change.

It seems that the father has left something behind. He tells his son,

“I left some documents home. I’ll be right back, but can you wait here?”
“Of course, papa. I’ll be here. I won’t go anywhere.”
“Good boy,” the father says, and quickly runs back to the apartment.

The cars in traffic. The light does not change.
The woman’s and the boy’s eyes meet.

“Hello.”
“Hello.”
“Mademoiselle, you have a beautiful hair color.”
“And my boy, your eyes are like jewels.”

The sky begins to clear slowly.

 


「ジュリエットの人生」 2003年フランス

 

どんよりとした空模様のパリの朝。
交差点にさしかかっても信号をみないまま、クルマに注意を払わずに歩き続ける女。
手には書類の入った茶封筒を持っている。そしてもう片方の手はコートの中に入れている。

小さな声で何かを話しながら歩いている。

「いつまでこんな毎日を続けているの? 私。」

大通りの信号で立ち止まった。学校へ向かう少年と父がいた。
父はどうやら忘れ物をしてしまった様子で少年へ話す。

「大事な書類を忘れてしまったよ。急いで取ってくるから、お前、ここで少しだけ待てる?」
「うん、大丈夫だよ。僕、どこにもいかないから」
「いい子だ。」
そう言うと父は大急ぎでアパートへと戻っていった。

行き交うクルマ、変わらない信号。
女と少年の目が合った。

「ハイ。」
「ハイ。」
「お姉さんの髪の色は素敵だね」
「君の目の色は宝石みたいよ」

空が少しずつ晴れてきた。