Inner-city

“Inner-city” 2011 Italy

Inner-City

A married couple and two daughters stand atop the cliff.
The daughters haven’t been to the sea for a while. They are happy.
The father looks at his daughters.
He sports a big scar on his face.
The wound of the past that he cannot let go.

“How long has it been… coming to the sea as a family…”
The mother says as she moves her hand as if tracing the horizon.

“You were never home,” the eldest says sarcastically, but happily.
“Yeah,” says the younger one, and laughs.

The father does not speak; he stares at the sea.
He slowly pats his cheek with his left hand, then breathes deeply.

Silence

The father says softly, “Why don’t we walk a bit?”

 


「インナーシティ」 2011年イタリア

 

夫婦と娘二人が岸壁に立っている。
久しぶりにきた海にはしゃぐ娘たち。それを父は眺めている。
父の顔には大きな傷がある。その傷とは切っても切れない縁がある。

「何年ぶりかしらね、こうして家族全員で海にくるのは」
水平線を指でたどるようなしぐさをしながら母が言う。

「パパはいつもいなかったからね」
イヤミ交じりだが、嬉しそうに話す娘
「ねえ」
下の娘もそういって笑う。

父は黙ったまま海面をじっと見ていた。
ゆっくりと左手で頬の大きな傷をなでたあと、深呼吸をした。

しばらく沈黙が続く。

父がやさしい声で小さく言う。
「なあ、歩かないか」