Day at the Luovre

“Day At The Louvre” 1998 France

Day At The Louvre

“Dominique, where’s your mommy?”
“Glasgow…”
“Where’s that?”
“Somewhere in Scotland.”
“Wonder why everyone’s naked here…”
“Maybe they didn’t have any money.”
“I guess they didn’t have GAP yet.”
“Brigitte, aren’t you drawing?”
“I’m not good.”
“But you have to. It’s sketching day today.”
“Why do we have to draw?”
“Why do you say that?”
“We can take pictures. Or video.”
“You’re right…”
“What are you drawing?”
“Venus.”
“It’s looks funny.”
“It’s really mommy.”
“What’s that?”
“Everyone’s naked here, but I’ve never seen my mommy without clothes.”

 


「ルーブルの休日」1998年フランス

 

「ねえ、ドミニクのママはどこに住んでるの?」
「ええとね、グラスゴーっていう街」
「それはどこ?」
「スコットランドっていう国にあるわ」
「ここにあるのはなぜみんなはだかの像なのかしら」
「お金がなかったのかしらね」
「そうね、まだGAPはなかったはずだし」
「ブリジットは絵を描かないの?」
「だって絵は得意じゃないんだもん」
「今日はスケッチの日よ」
「絵なんてなぜ描くのかしらね」
「どうして?」
「写真を撮ればいいじゃない。ビデオだっていいわ」
「そういえばそうね」
「何を描いているの?」
「ヴィーナス」
「なんかちょっと変よ」
「本当はね、ママのはだか」
「なあに、それ」
「ここにあるのはみんなはだかでしょ。でもママのはだかは見たことがないの」